3d-freezer3Dフリーザー

「食の未来」を変える!急速冷却冷凍装置

パーフェクトに近い再現性を実現する3D冷凍は、食の未来を変えていきます。
超高品質冷凍とランニングコスト低減を同時に実現し、CO2削減に大いに貢献することで地球環境にやさしい食文化を創造します。

今まで難しいとされてきた食材の冷凍を実現

焼き抜きかまぼこの冷凍に成功

かまぼこは冷凍するとスポンジ状の「す」ができ、冷凍での商品化は不可能とされてきました。

3D冷凍後→ 冷蔵解凍

3D冷凍後→ 冷蔵解凍

一般的な急速冷凍後→冷蔵解凍

一般的な急速冷凍後→冷蔵解凍

養殖ブリも変色抑制に成功

血合いが黒く変色する常識を、解凍後も遜色ない色目・身質を保持することが立証されました。

サバの押し寿司

シャリの白蝋化現象が起こりません。
※白蝋化現象(はくろうか)とは、お米から水分が抜け、蝋のようボロボロになってしまう現象のこと

イカリング

パン粉の飛散なし。

肉や総菜、野菜などさまざまな食品に対応

3D冷凍による可能性の追求

1. 不可能とされていた食材を可能に

冷凍食品化は不可能といわれる食品も3D冷凍で実現可能へ導きます。チルド流通が主流である商品を冷凍することでロスの軽減、出荷・販売の弾力化、製品輸出などさまざまなメリットが生まれます。

2. 安全な冷凍で生産革命をご提案

多品種を組み合わせて作られる商品、総菜などは従来のエアブラスト式では乾燥・飛散などにより衛生的に冷凍できませんでした。3D冷気で包み込み冷却することでおいしさを損なわないだけではなく、とても美しく安全な状態で冷凍することが可能です。

3. 超高品質冷凍で高付加価値化を実現し流通革命へ

従来流通している冷凍食品も、3Dフリーザーで高品質処理することにより高付加価値を生み出します。

4. 高温の食材を一気に処理し、食品の歩留まりを大幅向上

加熱直後での高温の食材を予冷なしで一気に冷却・冷凍が可能。乾燥を抑え、驚異的な歩留まりを達成します。冷却器に着霜しにくいという特長から、ブラストチラーとしても活躍します。高温度域から一気に冷却・冷凍することで衛星的であることは当然ですが、商品のうまみを封じ込めることができます。

5 .省エネルギーに貢献

着霜が少ないため、デフロスト(霜取り作業)回数が少なく効率が向上します。従来の冷却装置に比べ長時間の連続運転が実現できます。

6. 卓越した洗浄性

冷気循環ダクトがないため、洗浄時における死角がありません。菌の温床がないため、菌数管理の問題も皆無となり、究極の安全性をお届けします。

本フリーザーの動作原理(従来方式との比較)

従来のエアブラスト式と最大に違う点は、庫内の空気が一定循環していることに対し、3Dフリーザーは冷却器に風を戻さない構造で熱交換する、非循環の構造になっています。

ご質問、お見積り依頼、カタログ請求等のお問い合わせは、お電話またはメールフォームより受け付けております。

 0257-23-7971


受付時間 9:00~17:00(平日)